なぜアルバイトから正社員になった人は評価されやすいのか

なぜアルバイトから正社員になった人は評価されやすいのか

あなたの職場にアルバイトから正社員になった人はいませんか?

通常なら新卒や中途採用で正社員になるのが一般的ですが、正社員登用制度を設けている会社だと、アルバイトから正社員に採用されることもあります。

就職活動を控えた大学生やフリーターにとって、何社も試験を受けるより正社員になる近道だと魅力的に感じられるでしょう。

アルバイトから正社員になった人は、新卒で入社した人と比べて「仕事ができる」と言われることがあります。

なぜアルバイトから正社員になると評価してもらえるのでしょうか?

その理由を説明するとともに、アルバイトから正社員になるメリット・デメリットをご紹介します。

正社員登用制度とは?

アルバイトなど非正規雇用の従業員を正社員として雇用する制度のことです。

法律で定められているものではなく企業が設けている制度のため、どういう流れで正社員になれるかは会社によって異なります。

声をかけられて合意すればすぐに正社員になれる会社もあれば、面接や試験を経て合格すれば正社員になれるという会社もあります。

アルバイトから正社員になるメリット

次に、アルバイトから正社員になるとどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

1)給与や待遇が安定する

非正規雇用であるアルバイトに比べ、正社員になると給料は高くなり、待遇も安定する傾向にあります。

アルバイトだと自分の希望より少ない日数や時間数しか入れないことも多く、給料が不安定になりがちです。

また、会社の業績が悪くなって人件費を削減しようという時には正社員より先に切られてしまいます。

しかし正社員であればフルタイム勤務が基本ですし、雇用期間の定めもありません。

社会保険にも加入することになるので、いざという時の備えにもなります。

2)コミュニケーションが取りやすい

全く知らない会社に就職した場合、入ってみるまでどんな人と仕事をするかわかりません。

中には合わない人がいて、コミュニケーションの取り方や人間関係で悩む可能性もあります。

しかし、既に働いている職場なら、同僚や上司との付き合い方もわかっているはずです。人間関係に悩まされることは少ないでしょう。

また、アルバイトやパートが多い職場であれば、スムーズな業務遂行に彼らの信頼や協力は欠かせません。

新卒で入ってきた社員より、以前から一緒に働いてきた人間の方が現場をまとめるのに有利です。

3)即戦力として働ける

一般的に新入社員は勝手がわからない状態で研修からスタートしますが、既にバイトとして働いていれば業務の流れを把握しているので即戦力として働けます。

ごく簡単なことですが、何がどこにあるのか、これは誰に確認を取るべきかといったことも新入社員なら一から教えないといけません。

その手間が省けるのは会社側からすると助かります。

バイトには任せず社員しか担当しない業務もありますが、今までやっていなくても先輩がやっているところを目にしているはずですし、一からスタートする新入社員に比べて早く仕事を覚えられます。

そうなればステップアップした仕事を振られるのも早くなり、やりがいを感じられるようになるのも早いはずです。

即戦力として働けることは、言い換えれば「会社から即戦力だと認められている」証拠でもあります。

アルバイトから正社員になるデメリット

一方、アルバイトから正社員になるとデメリットになることもあります。

1)責任が重くなる

バイトであれば希望する日に休みを取りやすいですが、社員となると難しくなります。

飲食店などのサービス業であれば、人手の足りない日や稼ぎ時に社員が休みを取るわけにはいきません。

土日休みが基本の職種であっても業務の進捗状況によっては休日出勤せざるをえないこともあるでしょう。

また、何かトラブルがあれば社員が対応することになります。

バイトなら社員や責任者に引き継げば良いですが、社員になればあなたが対応しなければならない場面が増えてきます。

色々と気疲れすることが多くなり、ストレスも増えるでしょう。

2)安く使われる可能性がある

社員になれば一般的に月収は上がりますが、残業手当をきちんと払ってくれない会社だった場合、残業や休日出勤で労働時間は長くなっている割に給料が安いという可能性があります。

時給に換算するとバイト時代と変わらないか、下手すると安くなってしまうこともあるのです。

働いたら働いた分だけもらえるアルバイト時代と比べ、月給・年俸制である正社員は安く使われがちです。

3)辞めづらい

アルバイトだと自分の都合で辞めることはできますが、正社員になるとなかなかそういうわけにはいきません。

あなたが辞めることで、同僚や部下にも迷惑がかかるため、我慢して働くことになりがちです。

退職願を出しても受け取ってもらえなかったり、認めてもらえないこともあるでしょう。

正社員登用者は評価されやすい

以上、正社員登用制度の説明とアルバイトから正社員になるメリット・デメリットをご紹介しました。

アルバイトから正社員になれば責任が重くなる反面、給料や待遇が安定します。

これまでアルバイトとして働いてきた職場なら、人間関係もスムーズに行えるし、会社の方針に馴染めないといった事態も避けられます。

そのため、新卒で入社した人と比べて自発的に活動しやすく、即戦力として働けるようになります。

そのことは会社も承知しており、正社員登用者は他の人と比べて責任のある仕事を任されがちです。

一から仕事を教えなくても良いため、新人教育にかけるコストを削減できるからです。

サービス業ならいきなり店長を任されることもあるし、昇給や出世の道も早くなるでしょう。

あなたの周りにいる「デキる社員」はもしかしたら、アルバイトから正社員になった人かもしれません。

「どうしてあの人だけあんなに仕事ができるんだ?」と思ったら、これまでの経験を聞いてみてください。

きっと仕事を円滑にするためのヒントを教えてくれるでしょう。

豆知識カテゴリの最新記事