寝坊した!会社に遅刻してしまった時の対処法

寝坊した!会社に遅刻してしまった時の対処法

気づいたらもうこんな時間!会社に遅刻してしまう!という経験、誰にでも1度や2度はありますよね。

どんな立場であっても遅刻はマナー違反。時間を取り戻すことはできませんが、少しでも信用回復のために誠意ある対応を取りましょう。

会社に遅刻してしまったときの対処法をご紹介いたします。

会社に遅刻しそうになったらすぐ連絡!

寝坊して遅刻してしまったとき、出勤時間をすぎてから連絡するのはNG。

一緒に働いている人に迷惑になりますし、心配をかけることになってしまいます。

会社に少しでも遅刻しそうだと思ったら、すぐに連絡するようにしましょう。

前もって連絡することで一緒に働いている人たちの不安を和らげることもできますし、準備などをしてもらうこともできるでしょう。

迷惑をかけているという自覚を持って、しっかり謝るようにしてくださいね。

連絡方法は電話がおすすめ

遅刻しそうになったときの連絡方法としておすすめなのはやはり電話。

メールやラインなどは相手が気づかない場合もあり、結局連絡をしなかったのと同じ扱いになってしまいます。

必ず電話をかけて誠心誠意謝るようにしてください。

就業前などで電話がつながらない場合は、同僚や仲の良い人に遅刻する旨の連絡をしましょう。

LINEしたから既読がついていないけどOK!と油断しないようにしてください。

会社の遅刻の連絡内容は?

会社に遅刻してしまうときは、「遅刻します!」とだけ連絡するのは不誠実。

必ず遅刻する理由と、遅刻することへの謝罪も一緒に伝えるようにしてください。

遅刻する理由で嘘をつくのはNG。とくに遅延などは便利な言い訳ですが、調べればすぐに遅延状況は分かってしまいます。

多少印象が悪くなってしまうような理由でも1度だけなら許してくれることも多いでしょう。何度も続くとさすがに呆れられてしまいますので、もう二度と遅刻しないようにしてくださいね。

そして忘れてはいけないのが出勤時間。何分くらい遅刻するのかも明確に伝えるようにしましょう。

寝坊してしまったときの遅刻の理由は?

寝坊は遅刻の大きな原因の一つですが、正直に話すのはちょっと恥ずかしいですよね。

ですがそこへ下手に嘘をつくと怪しまれてしまいますので、ここはやはり正直に打ち明けるのがベター。

「寝過ごしてしまった、出勤時間に間に合いそうにありません」と伝えましょう。

その他シフトの確認ミス、スケジューリングミスなども正直に伝えたほうが好印象です。

また、理由もあまり長々と話しすぎると言い訳めいて聞こえてしまいます。できるだけ簡潔にまとめることも大切ですよ。

会社先に着いたらまずは謝罪を

遅刻をして会社先に着いたら、まずは一緒に働いている同僚に謝罪しましょう。

今後同じような理由で遅刻をしないために、どんな対策を考えたのかも伝えるとより好印象でしょう。

あなたが遅刻したことで他の人に迷惑がかかっている可能性もありますし、一緒に働く人の負担が増えているはずです。

謝罪をしたあとは、いつにも増してしっかり働く姿勢を見せてください。

遅刻したという悪い印象を取り除くのは難しいですが、しっかりと仕事をすることで悪い印象をある程度払拭することは可能です。

会社に遅刻したときの対処法まとめ

会社に遅刻してしまったときの対処法についてご紹介いたしました。

遅刻はマナー違反。あまりに何度も続くと非常識に思われ、信頼されなくなってしまいます。

あまりにも酷いと減給されたりクビになる可能性も…。

せっかく受かった会社を、遅刻が理由でクビになるなんて情けない事態は避けたいですよね。

きちんと誠意ある態度で謝罪して、もう二度と同じような理由で遅刻を繰り返さないようにしていきましょう。

処世術カテゴリの最新記事