あなたは大丈夫?間違いやすい5つのビジネス敬語

あなたは大丈夫?間違いやすい5つのビジネス敬語

ビジネスマナーで大切な「敬語」。上司や取引先相手に使う機会も多いですよね。

しかし、きちんとした敬語を使っていないと相手に誤解されるばかりか、「常識がないやつ」だと思われるかもしれません。

営業先で誤った敬語を使ってしまったがために、販売チャンスを逃す可能性もあります。

どんな敬語(または発言)が間違いやすいのか見ていきましょう。

「わかりません」

顧客から質問された時に、たとえそれがわからなかった場合でも、ただ「わかりません」と答えるのはNGです。

「存じません」または「わかりかねます」が正解です。謝罪の言葉も付け加えて「申し訳ありません。私にはわかりかねます」とした方が丁寧ですね。

また、ただ「わからない」と断るよりもできる限り回答に導けるような行動を取りましょう。

「担当の者を呼んでまいりますので、少々お待ちいただけますでしょうか?」と言って、解決する努力をしてください。

そうすればたとえ回答が得られなくても顧客は満足するでしょう。

「よろしかったでしょうか」

これで大丈夫だったかな…?そう思ったときに使ってしまいがちな言葉です。

しかし、お客さま相手に過去形であるこの言葉は不適切になる場合があるのです。

現在形の「よろしいでしょうか」が適切です。

「~のほう」

種類が2つあったりするときに、「こちらのほうでよろしいでしょうか?」などと言いがちです。

「こちらのほうでよろしかったでしょうか?」のように、二重で誤った敬語を使う人もよく見かけますよね。

しかし、「こちらでよろしいでしょうか?」に直すのが適切です。間違いやすいので注意しましょう。

「なるほどですね」

「なるほど」と「そうですね」が組み合わさってできてしまったフレーズです。正しい敬語ではなく、なんだか言い回しがおかしいですよね。

「はい」や「おっしゃる通りです」などとしたほうが適切です。

「ちょうどお預りします」

接客業などお金を扱う場面で、会計金額がちょうどの場合に使ってしまいがちなフレーズです。

「お預りします」は正しい敬語の言い回しなのですが、「ちょうど」と、「お預りします」の2つのフレーズの組み合わせは正しい敬語ではありません。

「お預りします」は、おつりが必要の場合使う言葉なので、例えば「1000円ちょうどいただきます」という風にすると適切です。

まとめ

以上、間違いやすいビジネス敬語を5つご紹介しました。

敬語は言葉の言い回しや、同じ意味でもちょっと言い方が違うだけで受け取り方が変わってしまう言葉がたくさんあります。

社会人として活躍するためには正しい敬語が大切になってくるので、普段から正しい敬語を使うように心がけてくださいね。

コミュニケーションカテゴリの最新記事