もう嫌だ!会社に行きたくない時の対処法

もう嫌だ!会社に行きたくない時の対処法

新人でできないのは当然だと思いますが、失敗を繰り返すと仕事に行きたくなくなります。

みんなに迷惑をかけたくないし、ストレスになることも理解しています。

とは言え、ここで辞めたらどこで働いても無駄なので、できることなら頑張りたいと思います。

新人だと慣れないから働きたくないな、と思いがちですが、働き方を工夫することで、自分を変えることができます。

会社を辞めることを決める前に、解決策を見つけてください。

会社に行きたくない原因

仕事に行きたくない理由は人それぞれですが、新人になると行きたくないことがよくあります。

新しい環境に慣れていないので、順応するのに時間がかかります。

ただし、明確な理由で行きたくないか、何らかの理由で行きたくないかで、その後の行動が変わってきます。

失敗が多い

新人の頃はどうしてもミスが多くなります。

指示されたとおりに実行できない場合や、作業に時間がかかりすぎる場合があります。

仕事でミスをすると、自分は悪い人間だという思いが強くなり、自分が嫌いになります。

次第に間違いを恐れ、仕事に行きたくなくなります。

怒られる

新人は職場の底辺にいるため、怒る可能性が高くなります。

遅刻やミスで怒るのは、新人だから怒るとは限らない。

プレッシャーの高い上司や騒がしい先輩に怒っていて、仕事に行きたくない状況を想像してみてください。

コミュニケーションが苦手

仕事はチームワークが大切ですが、新人は同僚との信頼関係がありません。

人見知りはコミュニケーションが苦手なので、仲良くなるのに時間がかかります。

仕事のサークルにいないと、居心地が悪く、仕事に行きたくなくなります。

職場が遠い

会社が自宅から遠い場合、通勤に時間がかかります。

初めてのときは落ち着く時期だと思ってもいいですが、慣れてくるとストレスがたまることがあります。

オフィスまでの往復時間を考えると、時間のムダに感じ、行きたくなります。

疲労

新人は覚えていることが多く、精神的にも肉体的にも疲れやすい.

疲れて眠れなくなったり、なぜか疲れて気分が悪くなったりすることがあります。

病気ではありませんが、疲れているとき、慣れない環境に行くのは大変なエネルギーを要します。

モチベーションが上がらないと、仕事に行きたくなくなります。

会社に行きたくない時の対処法

会社に行きたくないという気持ちを持って仕事をしても失敗します。

仕事に集中できないため、小さなミスをしてイライラすることがよくあります。

新人で少し見落としていても、毎回間違えていれば、同僚からの信頼は得られません。

そこで、仕事に行きたくない場合の対処法をご紹介します。

成長に気づく

新人だとできないことの方が多いです。

上司の指示通りに行動できないため、自己嫌悪に陥る可能性があります。

しかし、仕事をすればするほど、あなたのスキルは向上します。

昨日できなかったり、知らなかったりしたことができるようになるかもしれません。

先輩のように働けなくても、少しずつできれば経験値が貯まっている証です。

小さな成長をポジティブにとらえ、前向きにがんばりましょう。

評価をもらう

多くの場合、自分にはまったくできないと思っていますが、他の人から見れば、そうではありません。

他人から客観的な評価を得て、現時点で自分がどう思っているかを見てください。

まずは上司に「今日はいいですか?いつも間違えてすいません」と謝罪から始めましょう。

上司に頼むのが難しいなら先輩でもいいです。「今日はご迷惑をおかけしましたか?」と聞いてください。

本当にたくさん失敗して迷惑をかけたと思ったら「頑張れ」、そうでなければ「大丈夫」とフォローしてくれます。

客観的な評価を知ることで、どこまで頑張ればいいのかが見えてきます。精神的なストレスも解消するでしょう。

少しだけ休む

仕事に行きたくない、休みたくないなら、休みを取りましょう。

その日やりたかったこと、できなかったことをやってみてください。

急に休みを取っても、意外と何もしないで過ごすことが多いです。

「こうなったら働いたほうがいい」と思うかもしれません。

ただし、休日を取得する場合、連休はとらないでください。

連休は体がだるくなり、モチベーションが回復しにくくなります。行かないと大変ですね。

一日休んで気持ちがどう変わるか見てみましょう。

早めに家を出る

会社に行くと髪や服を着替えることもあるし、女性ならメイクをすることもあります。

一人暮らしだとドアを閉めなければならないし、読んでいる漫画をあきらめなければなりません。

会社に行く時間があるときは、いろいろなことを考えて、煩わされたくないでしょう。

その場合は、いつもより早めに家を出てください。家を出ると自然と仕事モードに切り替わるので、余計なことを考える必要がありません。

会社の近くにあるカフェで漫画を読んだり、スマホを使ったりしていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

ご褒美を用意する

人間は、直接的な利益がなければ行動することが難しい生き物です。

会社に行けばお金はもらえるのですが、給料日まで営業しているので、給料をもらっているという実感はありません。

そのため、仕事後のご褒美を用意して、出勤のメリットを実感できるようにしましょう。

例えば、仕事帰りにコンビニに行って好きなものを買ってください。夕食を外食にするのもありです。

このように「働いてご褒美をもらう」習慣を身につけると、モチベーションが上がります。

仕事の後に得られる報酬は格別です。頑張って会社に行けるようになるでしょう。

どんな仕事も慣れが大切

環境の変化に慣れていないので、働きたくないと思う人は多いです。

学校の新学期を思い出してください。クラスメートが変わったり、勉強の内容が変わったりして、不快に思ったことはありませんか?

授業を受けて頭が痛くなったり、クラスメートに慣れなかったりして、行きたくないと思ったことがあるかもしれません。

でも、毎日学校に行くことで、授業の内容が理解でき、クラスメイトと話すことができます。

勉強ができなくても、友達に会いに学校に行っている人もいるでしょう。

会社も同じです。慣れないと緊張したり落ち込んだりするかもしれませんが、慣れれば問題なく扱えるようになります。

学校や仕事に慣れるのは大変です。慣れるまでが大変・慣れたら楽勝だと思って頑張ってください。

何があっても行きたくない時は辞める

いろいろやってみましたが、どうしても仕事に行きたくないときがあります。

行きたくない気持ちが改善しないなら、会社を辞めるべきです。

仕事へのモチベーションと興味を失った状態で、私の感情は壊れています。

その状態で無理に出社すると、疲れやすくなるだけでなく、精神疾患の原因にもなります。

すぐに会社を辞めると、逃げたり自己嫌悪に陥ったりするかもしれませんが、行きたくないという気持ちは、あなたの心がSOSを出している証拠です。

自分の気持ちに合わせて辞めて落ち着くのは恥ずかしいことではありません。

ベテランだと会社をやめるのは簡単ですが、新人ならさほど苦にはなりません。

辞めるのは早ければ早いほどいいです。どうしても行きたくないなら店長に相談して辞めてもらいましょう。

まとめ

仕事に行きたくないという気持ちは誰にでもあります。

特に、働き始めたばかりの新人は、仕事に慣れていないので、気持ちが強くなります。

しかし、何事も最初が肝心です。早めに対処することで克服できます。

仕事でミスをして怒ると、行くのが怖くなります。できるだけミスを減らすために、メモを取るか、先輩に相談してください。

仕事の内容がイメージと違っていて、やる気が出ないという方は、客観的な評価をお願いします。

仕事の成長を実感できれば、モチベーションも上がります。

仕事に行く感覚を得るためには、日常生活も重要です。早めの時間を守り、決まった時間に食事をするようにしてください。

会社が学校と一緒に行くのは大変ですが、一度行ったらできることです。

仕事に行きたくない気持ちと上手く付き合って、前向きに仕事ができるようになりましょう。

メンタルヘルスカテゴリの最新記事