どうしたらいい?嫌いな上司をやりすごす5つの対処法

どうしたらいい?嫌いな上司をやりすごす5つの対処法

仕事は楽しいのに、嫌いな上司がいると会社に行くのが嫌になりますよね。

真剣に取り組んでいるのに、何かについて文句を言われたり、粗探しされるとストレスが溜まります。

現実問題、好きな上司よりも嫌いな上司の方が圧倒的に多いのが実情です。

しかし、そのような迷惑な上司でも、対応によっては心配することを防ぐことができます。

上司に悩まされて辞めたい場合は、辞める前に対策してみましょう。

1)上司を観察する

まず、上司がどんなタイプの人間なのか観察しましょう。

たとえば、気分屋であり、日々の態度がまったく異なる場合、感情的になったり、怒鳴ったり、スタッフを叩いたりする可能性があります。

仕事をしているときはいつも顔色を見ていますが、上司の気分がいいときは簡単に話しかけることがあります。

あるいは、上司の中には人によって態度が違う人もいます。

好きなスタッフには甘く、嫌いなスタッフには厳しく、職場の雰囲気を悪くします。

そのような場合、上司に好かれているスタッフと仲良くするのが効果的です。それはあなたへの攻撃を減らすでしょう。

仕事中の上司は、どんな性格を持っているか?どんな人間性か?を理解することで、どのような行動を取るべきかがわかります。

上司をじっくり観察し、情報収集してみましょう。

2)上司の話を聞き流す

一部の上司は自慢話やどうでも良いことを伝えたいと思っています。たまに聞くなら良いのですが、いつも同じことを話すのはうんざりです。

そのような場合は、適度な相槌を打ちながら話を聞き流してください。

イライラしているからといって、無視したり、背を向けたりしないでください。 「聞いてるのか!」と怒られるかもしれません。

「きちんと聞いている」という態度で上司に接することで、上司の機嫌を取ることができます。

質問したり意見を述べたりすると話が長くなるので、はいはい聞いてやりすごしましょう。

慣れてくると上司の戯言も単なる雑音にしか聞こえなくなります。

3)同僚と協力する

自分がうざいと思っている上司は、同僚も同じようにうざいと思っています。

誰かが怒られることで職場に嫌な空気が流れ、みんなのモチベーションが低下してしまうからです。

そんな空気にしないためにも、同僚と協力して上司の機嫌を損ねないようにしましょう。

難しいタスクを個別に実行し、誰かが失敗した場合はフォローアップを試みてください。

チームワークは、誰もが互いに助け合いながら達成することができます。間違いが少なくなり、上司が腹を立てる可能性は低くなります。

4)本社に相談する

スタッフや部下に厳しい上司も、本社の人間やには頭が上がらない場合があります。

本社の人間に従業員一同で上司の態度で困っていると相談すれば、耳を傾けてくれるでしょう。

問題行動を起こす上司には厳しく指導し、改善してくれるかもしれません。

ただし、あなた一人が相談しても効果は薄いです。一人だと立場が弱いため、まともに取り合ってくれないかもしれません。

相談する時は、できるだけ多くの人間で行いましょう。みんなで行動することで、本社の心を動かすことができます。

5)上司に期待しすぎない

上司の肩書きだけを見ると、映画に出てくるような良い大人を想像するかもしれません。

信頼でき、トラブルが発生した場合に喜んで手伝ってくれ、厳格でありながら愛情を込めてあなたをサポートしてくれるイメージがあるでしょう。

しかし、現実は厳しいです。多くの上司は子供っぽく、信頼できず、無責任です。

上司がアルバイト以上の仕事ができないことも珍しくなく、そのような姿を見ると幻滅したり嫌いなると思います。

しかし、上司も人間です。完璧ではありません。期待するだけ損です。テレビや映画に出てくるような、理想的な上司など存在しません。

嫌な上司が居ても「こんなもんだよな」と諦めることも大切です。過度に期待しすぎないことで、割り切れるようになるでしょう。

酷すぎる時は会社を辞める

いくら上司に上手く対応しようとしても、我慢の限界があります。

パワーハラスメントやセクハラを仕掛けてくる上司がいる場合は、できるだけ早く辞めてください。

そのような上司と仕事を続けることは、肉体的な不快感を引き起こし、心に大きなトラウマを残す可能性があります。

会社を辞めた後も長い間ストレスになり、大きな傷が残るでしょう。

まずは社長(経営者)に相談し、問題行動を起こす上司を処分してもらいましょう。

会社自体がブラック企業であり、ブラックな体質が蔓延している場合、労働基準監督署または労働組合に相談してください。

あなたが置かれている現状をきちんと説明することで、会社に対して是正勧告をしてくれます。

まとめ

会社に嫌いな上司がいるとストレスが溜まります。

職場でなるべく会わないようにしたり、黙って話を聞くだけにした方が被害は少ないです。

ただし、上司がうざいのは性格が問題とは限りません。上司も責任者という立場上、辛い部分もあります。

仕事に早く慣れるようにコミュニケーションを図り、ミスを極力減らすために叱ります。

上司がイライラしているという理由だけでコミュニケーションを避ければ、人間関係を構築することはできません。

露骨に上司を避けるのではなく、適切にコミュニケーションを取り、「私は上司の味方ですよ」っとアピールしましょう。

上手くあなたの手のひらの上で踊らせるようにもっていけば、上司から与えられるストレスは減り、楽しい社会人生活が送れるでしょう。

コミュニケーションカテゴリの最新記事