もう悩まない!仕事の疲れを改善する方法

もう悩まない!仕事の疲れを改善する方法

仕事の疲労がなかな抜けずに困っていませんか?

毎日だるい状態のまま仕事に行って、十分なパフォーマンスを発揮することができず、上司に怒られる人も多いと思います。

仕事で疲れ切ってしまい、休日もずっと寝ているという人もいるでしょう。

せっかく仕事を頑張ってもプライベートが充実されていないのでは、意味ないですよね。

そこで今回は、仕事の疲労を考えるとともに、どのようにして回復させれば良いかについて解説します。

仕事の疲労とは?

身体的倦怠感に加えて、脳倦怠感と呼ばれる別のタイプの倦怠感があります。

身体の疲労は、運動しすぎたり、体を使いすぎたりすると発生します。

倦怠感を感じるとき、それを取り除くためにあなたが最初にする必要があることはあなたの体を休ませることです。もう一つのことは、考えを変えて少し簡単にすることかもしれません。

しかし、それを取り除くのが難しい場合は、脳が疲れているか、自律神経が乱れていることが原因である可能性があります。

神経疲労の場合、最初に考え、継続的に記憶することにより、脳の適応能力が低下します。

そして、情報処理がスムーズに行われないので疲れていると言われています。

仕事の疲労を回復させる方法

溜まってしまった疲労を回復させるには、バランスの取れた食事と充分な睡眠です。適度の運動などが必要です。

バランスの取れた食生活を送ることは健康生活の基本であると同時に疲労回復にも効果があります。

疲労回復には脳が関わり、その脳の活性化が、疲労回復には欠かせないです。

脳を活性化させるため、脳の栄養分を十分に摂ることです。脳の代謝を高めるには、脳のエネルギー源である糖質を含んでいる、ビタミンB1を摂ることが好ましいでしょう。

その他、以下の成分が重要と言われています。

・カルシウム
→脳の神経伝達物質を生成する

・アミノ酸
→脳機能にかかわり、記憶学習能力を維持し、脳を活性化する

脳が衰えることにより、疲労回復がスムーズにできなくなります。ビタミンB1、カルシウム、アミノ酸が含まれたバランスの良い食事を摂ることが大事です。

睡眠も、疲労回復には欠かせません。熟睡することにより、脳の疲れを取り、体と心を回復させ、生きる意欲を湧かせます。

運動も、疲労回復に貢献します。一般的な運動は、ウォーキングやジョギングや体操などがありますが、とくに、ウォーキングがお勧めです。

適度の運動は、新陳代謝が高まり各組織の働きが活発化し、血液循環が促進され疲労回復に役立ちます。

ビタミンCを適度に取る

脳の疲労を和らげるには、ビタミンCを摂取することが効果的です。ビタミンCであればアメや飲料から取ることができるので、お手軽です。

ビタミンCは一度にたくさん摂取するとあまり良くないので、異なる時間に摂取すると疲労感を和らげる効果があります。

倦怠感が大きすぎると、くすみ、頭痛、肩こり、血行不良、発疹、生理不順を引き起こす可能性があります。

さらに、集中力を失い、思考や判断力を失い、モチベーションを失い、少しイライラする可能性があります。

生活習慣を改善する

生活習慣の改善が疲労回復に大きな影響を与えます。

暴飲暴食は疲れの元です。寝る前の2時間は食事を取らないようにしてください。

時にはお腹が減って眠れないという人もいるでしょう。そんな時は歯磨きが効果的です。

心理的に歯磨きをする事で、「もう食べてはいけない」という気が起きるからです。

食べ物だけでなく、寝る前にお酒を飲むのもいけません。お酒を飲むと寝付きが良くなるかもしれませんが、熟睡することはできないので、疲れが抜けません。

物を食べたり、飲んだりせずに、布団に入ったら寝られるような環境作りをしてください。

なお、早寝早起きをして、朝に散歩をするのも有効です。ウォーキングは体の状態を整えるだけでなく、気分もスッキリします。

朝の太陽を浴びることで活力もみなぎるため、ぜひ習慣にしていただければと思います。

誰でもできる!ストレス解消法

時間やお金を使わずにできるストレス解消法は様々あります。

好みの曲流せばヒーリング効果も大変高まりますし、ちょっとした不愉快に感じることを忘れられることでしょう。

犬や猫など小動物と触れ合うのも癒しになります。ペットショップや猫カフェなどに行ってみましょう。

また、体調面の問題によりストレスを抱え込む場合もあります。

理由がはっきりしないダルさや頭痛・肩こりなど、延々と続く体調の悪化によってストレスになることもあります。

その場合、ストレスの発散よりも原因を明確にさせるべきです。病院に行って診察を受け、悪いところがないか診てもらいましょう。

日常でため込んだストレスはできるだけこまめに発散するのが適しています。

一週間に一度でも良いので習い事に通ったり、友達と休みの日にティータイムをするなどして、効率よくストレス発散してください。

少しでもストレスを感じたらこまめに発散していくのが、ストレス解消のコツです。

まとめ

仕事の疲れが抜けないという人は、まずどんなことで疲れるのか思い出してください。

肉体的に疲れるという人もいれば、精神的に疲れるという人もいるでしょう。

肉体的な疲れであれば、熱いお風呂に使ったり、ゆっくり体を休めることで回復していきます。

精神的な疲れであれば、ストレス発散できる趣味を見つけ、美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴くなど、リラックスできる環境づくりが大切です。

また、全ての疲労回復には睡眠が一番重要です。夜ふかしをすること無く、早寝早起きを心がけましょう。

メンタルヘルスカテゴリの最新記事