実はシンプル!穏便に会社を辞める方法

実はシンプル!穏便に会社を辞める方法

職場の雰囲気や仕事内容が自分に合わなかった場合、辞めたいということをどうやって上司や社長に伝えるかは非常に悩みどころ。

できるだけ揉めること無く、穏便に円満退社したいですよね。

そこで今回は、会社を円滑に辞める方法や言い方、タイミングなどをご紹介いたします。

会社を退職したいと言うタイミングは?

会社を退職したいことを伝えるタイミングは、法律上では退職希望日の2週間前となっています。

ですが一般的には1ヶ月前としているところが多いです。これは勤務体系の関係や求人の準備などが理由になっています。

できれば会社に迷惑がかからないように、辞める時は早めに伝えておきたいですよね。

直前に伝えても辞めさせてもらえなかったり、雰囲気が悪くなってしまう可能性があるため、十分余裕を持って伝えるようにしましょう。

会社を辞めたいときは誰に言う?

会社を辞めたいと伝えるのは会社の一番偉い人。社長(または直属の上司)に直接伝えましょう。

会社を辞めるかどうか悩んでいる、というのを同僚などに話すのはOKですが、辞めたいということを人づてに伝えるのはマナー違反です。

必ず自分の口から言えるようにしてくださいね。

会社を辞めるときの言い方

会社を辞めたいという旨は直接伝えるようにしましょう。

電話、メール、LINEなどで伝えれば直接顔を合わせずに済んで気まずくないかもしれませんが、かえって非常識だと思われてしまいます。

忙しそうな相手でも、少し時間のありそうなときに「少しお話ししてよろしいでしょうか?」とタイミングを見計らって伝えてみてください。

伝える際は今までの感謝の気持ちと、突然のことになってしまって申し訳ないという気持ちもきちんと伝えるようにしてくださいね。

会社を辞めるための理由は?

会社を辞めるためには、正当な理由を用意しておく必要があります。

ただなんとなく辞めたいとか、上司や同僚に不満があるといった理由では受け入れてくれないかもしれません。

辞めたいと相談しても、「改善するから」と辞めるのを引き止められてしまう可能性もあります。

「それなら仕方ない」と思わせるような理由をあらかじめ用意しておきましょう。

よくあるのが「家庭の事情」です。夫・妻、両親、子供など家庭の事情で辞めたいと言いましょう。

色々詮索されることもありますが、必要最低限のことだけ伝え「これ以上はちょっと…」
といい、確信には迫らないようにしてください。

今はプライバシーの問題もあるため、相手も察してくれます。それ以上追求されることはないでしょう。

また、「勉強したい」「独立したい」というのも立派な辞める理由です。

これらは前向きな理由にもなるため、辞めやすいです。応援してもらえるでしょう。

会社を辞める前に確認しておくこと

会社を辞める前には、必ず不備がないか、あとからみんなが困らないか確認しておく必要があります。

  • 仕事の引き継ぎができているか
  • 関係者には辞めることを伝えているか
  • 借りていた備品は返したか
  • 書類の手続きは済んでいるか
  • 最終の出勤日はいつか

などなど、すべてを用意して万全の体制で辞められるようにしておくと、あとからトラブルにもなりにくいです。

まとめ

会社を円滑に辞めるための言い方やタイミング、理由についてご紹介いたしました。

辞めたいと思っても今までお世話になった会社には、できるだけ迷惑がかからないようにすることがマナーです。

飛ぶ鳥跡を濁さずです。きちんと準備して、みんなから惜しまれるように退職ができるようにしてくださいね。

退職カテゴリの最新記事