会社を一ヶ月休むのは可能?長期休暇を得る方法

会社を一ヶ月休むのは可能?長期休暇を得る方法

帰省や旅行、留学や転職などの理由で長期間会社を休みたいと考えている社会人は多いのではないでしょうか?

毎月同じような勤務体系で働いている場合、自分都合のお休みはなかなか言い出しづらいですし、もしかしたら怒られるかもと心配になると思います。

どうしたらスムーズに長い休みが取れるのかを紹介します。

長期で休みたい時の注意点

長期の休みを考えている方は、次のことに注意しましょう。

直前の申請はNG

休みたい期間の直前に申し出るのはNGです。突然休むことで、上司や同僚、取引先など多くの人に迷惑を掛けてしまいます。

特にゴールデンウィークやお盆休み、年末年始などで忙しい時は、他の同僚も休みたい時期ですので、配慮が必要です。

早めに人手不足になることが分かれば、会社側もその時期の対策を検討することが出来ます。

一ヶ月以上の休暇は辞めることも検討する

海外留学や転職活動で一ヶ月以上休みたいという方もいるでしょう。

そういった場合、会社や雇い主側とどのくらい信頼関係が築けているかにもよりますが、退職を勧められることもあります。

しっかりとした復帰の目途があると良いのですが、ないとなると、辞めてもらって新しい人を雇った方がいいと判断するからです。

もし気に入った職場で休暇後も働きたいのなら、一度辞めてまた雇ってもらうという方法もあります。

休暇中に辞めたくなったら電話で伝える

長期で休んでいる間に、仕事を続けるのは難しいし辞めようということもあると思います。

その場合はうやむやにせずに、電話でその旨を伝えるようにしましょう。

在籍したままにしておくと、会社側も休暇明けの連絡が必要になるし、気になってしまいます。

ちなみに連絡せずに辞めるのはいけません。後味が悪くなってしまい、今後会社の人と会いづらくなります。

スムーズに長期休暇を取るコツ

直前の申請はよくない、一ヶ月以上の休暇は退職を検討する、休暇中に辞める場合は電話で伝える、という3つの注意点が分かったうえで、スムーズに長期休暇を取るコツを見ていきましょう。

先輩に長期休暇が可能か聞いてみる

まず、自分より一年ほど長く働いている先輩に、今までに長期休暇を取ることが出来たか聞いてみます。

時期的な問題もありますので、なるべく去年の同じ時期のことを聞いてみると良いです。

数日しか取れなかった場合や「休まれては困る」などと言われたのなら、長期の休みは難しいでしょう。

留学など特殊な理由の場合はまた違ってくると思いますので、そういう経験のある先輩がいれば聞いてみましょう。

同僚に協力してもらう

自分が勤務出来ない間は、同僚に代わってもらうことになります。営業をしているなら、得意先に対して担当替えが必要になるでしょう。

そこで、自分の代わりに働いてくれる人がいないか探してみましょう。

もし代わってくれる人がいれば、休暇の申し出をしやすくなります。上司や責任者も承諾しやすくなります。

早めに休暇を申し出る

休む期間が分かった時点で、早めに休暇を申し出ます。

上司や責任者は、あなたの休みを念頭に仕事を考えられますし、同僚もそのつもりで働くことになります。

もしそれでも人手不足になるようなら、新しい求人を出して人数を増やしたり、支店から応援を呼ぶことも可能です。

休暇後はお礼をする

休暇が終わって職場に復帰する日には「長いお休みをいただきありがとうございました」とお礼を伝えましょう。

旅行や帰省、留学などの理由で休んでいたのなら、お土産を持っていくと喜ばれます。

職場の人間関係は、ちょっとした心遣いが大切なため、忘れないようにしましょう。

協力してくれた人の休みをカバーする

自分が休んでいた時に協力してくれた人がいた場合、その人が休みたい時は代役を申し出ましょう。

以前代わってくれたという借りを返せますし、その人も休みやすくなります。上司や責任者にとっても大変助かることです。

まとめ

会社を一ヶ月など長い期間休みたい時は、事前に先輩から情報収集して、責任者に早めに伝えることが大切です。

直前の申請や、あまりに長期間の休みは、大きな迷惑がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

普段真面目に勤務して、休暇のお礼をきちんと伝えるようにすれば、一ヶ月の休みも理解を得られやすくなります。

自分も自分以外の人も気持ちよく働けるように、計画的に休暇を取るようにしてください。

処世術カテゴリの最新記事