どうしたらいい?仕事が辛い時にモチベーションを上げる方法

どうしたらいい?仕事が辛い時にモチベーションを上げる方法

なんだか仕事が辛くてモチベーションが上がらない…。そんなことは誰にでもあるもの。少しでもモチベーションを上げて仕事に挑める方法を確認しておきましょう!

ストレス発散でポジティブに!

上司や先輩に怒られたり、営業先で嫌なことがあったら、ストレスを溜め込まずにすぐに発散できるようにしましょう。

体を動かしたり、好きな映画を見たり、おいしいものを食べたり…。

自分なりのストレス発散方法をいくつか用意しておくことで、次の仕事までにストレスを溜めずに清々しい気持ちで挑むことができます。

ポジティブになれる名言集などを仕事に行くまでに読んで、考え方を強制的に切り替えるのも効果的。

ふさぎ込んだままでは仕事のモチベーションも上がりません。できるだけポジティブな気持ちで挑めるようにしましょう。

給与明細を見てモチベーションアップ

どんなに仕事が辛くてもお給料をもらえるとテンションがあがりますよね。

給与明細を見てモチベーションをアップさせましょう。

今月は大変だったけどその分給料が多かった、たくさん働いた分インセンティブが出た、時給が上がったなどを給与明細から確認できれば、自然とモチベーションも上がるはず。

このお給料でどこに行くか、何を買うか考えるだけでも、また働くのが楽しみになりそうです。

仕事が辛い気持ちを打ち明けてみる

仕事がどうしても辛いのなら、同僚や仲の良い社員に打ち明けてみましょう。

悩みを解決するためにサポートしてくれるかもしれません。

会社の人に辛い気持ちを理解してもらうだけでもずいぶん働きやすくなりますよ。

言わなければ相手が気づいていない可能性もありますし、伝えることで共感を得られるかもしれません。

自分だけじゃない!と思うことで、またがんばろうという気持ちになれることでしょう。

コミュニケーションを取って人間関係を修復

どうしても職場に馴染めず仕事に行くのが辛い、と感じることもあるかもしれません。

でも、話してみればそこまで嫌な人というのはあまりいないでしょう。

ちょっと苦手だと感じている人にも話しかけてみてください。

意外な共通点から友達になれるかもしれませんよ!

また、職場に仲の良い人がいるだけで、働くのも楽しみになります。

愚痴を言い合える関係になれば仲間意識も芽生えて、一緒に楽しみながら働くことができるでしょう。

仕事終わりに自分へのご褒美をあげる

どうしても仕事を乗り切れそうにない…というときは、仕事終わりに自分へのご褒美をあげることをイメージしてみましょう。

ちょっと高級なお菓子を買って帰る、気になっていたお店に行くなどなど、仕事をがんばったお金で買える何かをご褒美にしてみましょう。

「あと○時間がんばったらご褒美…」と思いながら働くことで、仕事へのモチベーションを維持することができますよ。

仕事の目標を立ててみる

仕事が辛いときは簡単な目標を立ててみましょう。

「取引先の社長に褒めてもらう」「○時までに作業を終わらせる」など、ささいな目標で構いません。

それを成し遂げるためにはどんな行動を取ればいいのかを逆算して、スムーズに仕事を進められるようになれば、モチベーションを維持したままテキパキ働いて、早く帰ることができますよ。

モチベーションを上げて辛い仕事を乗り切ろう

モチベーションの上げ方は人それぞれです。自分にぴったりのモチベーションの上げ方を研究して、仕事を休んだりうっかりミスをしてしまわないようにしましょう。

行く前は辛くても、実際に働き始めると時間はあっという間にすぎてしまいます。

勤務前の気持ちをコントロールするのもモチベーションの維持には重要ですよ!

メンタルヘルスカテゴリの最新記事