優秀な人はやっている!仕事で上手に手を抜く方法

優秀な人はやっている!仕事で上手に手を抜く方法

忙しい会社で働いていると、やることが多くて大変ですよね。

毎日仕事でクタクタになるし、家に返っても疲れが残ります。できることなら、もっと楽して働きたいですよね。

実は、優秀な人ほど仕事で手を抜くのが上手いです。

力加減を上手に使い分けているため、疲れを残さずに働くことができます。

そこで今回は、「仕事で上手に手を抜く方法」をご紹介します。

もっと要領よく仕事がしたい人は、働き方を変えてみましょう。

仕事で上手に手を抜く5つの方法

一生懸命働くことは重要ですが、一生懸命働きすぎると肉体的にも精神的にも疲れます。

強制的に働き続けると、すぐに許容範囲を超えて働きたくないでしょう。

難なく仕事をこなすためには、きちんと角を切ることが大切です。

それを取り除く方法を見てみましょう。

優先順位を決める

あれもこれもしなければならないと思えば、あなたは混乱するでしょう。

無理して働き続けることで、いつか許容範囲を越えてしまい、仕事をするのが嫌になります。

効率的な作業には優先順位付けが重要です。

営業の予約や事務資料の作成など、今何をすべきかを考えることで、仕事に集中できます。

優先する必要があることを実行できれば、他の何かが見過ごされても怒ることはありません。

人に任せる

与えられた仕事だからといって、一人でやる必要はありません。難しい場合は、同僚に頼ってください。

たとえば、重いものを運ぶのが難しい場合は、力のある人に任せてください。

無理に持って行こうとすると怪我をする可能性があり、力のある人が持っていくと速くなります。

また、電話をしているときは、同僚に別の仕事をさせましょう。そうすれば、行き詰まることはありません。

チームワークには他の人に任せることも不可欠です。仲間を頼り、一緒に働きましょう。

挨拶に力を入れる

チームワークは仕事にとって重要であり、積極的なコミュニケーションが必要であると言われています。

しかし、恥ずかしがり屋や話すのが苦手な人は、コミュニケーションが苦手です。無理に押し込もうとしてもストレスになります。

そのため、重要なのは挨拶です。 「おはようございます」「お疲れ様でした」と言えば問題ありません。

いい会話ができなくても、挨拶ができれば嫌われることはありません。

余計なことはしない

仕事ができるようになると、与えられた仕事以上のことをしたいだけです。

営業なのに事務作業をしたり、どうでも良い会議に参加しがちです。

しかし、会社ではマニュアルに従うことができる人が必要であるため、所定の作業以外を行っても評価にはなりません。

いろいろ試してみるのも大事ですが、それが心身に影響を与えるのは本末転倒です。

新しい仕事に取り組む時は、気持ちに余裕があるときだけにしてください。

真似をする

自分で一から考えて行動するのは難しい。間違いが多く、時間がかかります。

そこで、時間を無駄にしないように先輩のやり方を真似ましょう。

仕事が出来る先輩を観察して、言葉遣いやお客さんとの接し方を真似てください。

仕事でオリジナリティは必要ないので、マニュアル通りに動いても問題ありません。

出来る人のノウハウを取り入れることで、同様の成果を上げることができるでしょう。

働きすぎは危険!時には休むことも大切

時には、有給をもらって休むことも大切です。

会社が頼っているからといって、ずっと働けば飽き飽きしています。いつかパンクするでしょう。

寝ても疲れが取れないと感じるようであれば、思い切って会社を休ませてもらいましょう。

上司に相談し、有給休暇を利用して自宅で休んでください。

仕事を休んで休憩することで、倦怠感やストレスを軽減できます。

次の出勤日は、元気に仕事ができるようになります。

仕事の手抜きは悪いことではない

仕事で手抜きをするのは悪いことではありません。時間を有効に活用するために必要な行為です。

会社は常に完璧を要求するわけではありません。間違えても問題ありません。

代わりに、指示されたとおりに正確に実行し、迅速に行動することが重要です。

また、手抜きが得意な人は物事の優先順位付けが得意です。無理なことはやらずに、できることから行います。

1つのことに固執するのではなく、今何をすべきかを考え、それに応じて行動してください。

そうすれば、余分な疲労やストレスを感じることなく、快適に仕事をすることができるでしょう。

まとめ

仕事で疲れるという人は、力加減を誤っているだけかもしれません。

常に完璧を目指すのではなく、上手く手を抜き、効率的に働きましょう。

あなたが忙しくてやるべきことがたくさんあるなら、パニックになります。優先順位を付けて、今何をすべきかを考えてください。

また、自分でやるよりも他の人に任せたほうがいい場合もあります。困ったときは、もっと他人に頼るようにしてください。

ただし、手を抜くのとサボるのは違います。真面目にやらなかったり、遊びながら仕事をしていると、怒られる原因になります。

何をする必要があるかに焦点を合わせ、オンとオフのバランスに注意してください。

上手く手を抜く方法を学べば、仕事でストレスを感じることなく楽しく働くことができます。

処世術カテゴリの最新記事