焦りは禁物!入社初日で辞めたくなった時に確認する7つの要点

焦りは禁物!入社初日で辞めたくなった時に確認する7つの要点

入社初日で辞めたいと思っている場合、衝動的になっている可能性が高いでしょう。

従って、「辞めたい」と思っても、気持ちに身を任せてすぐに行動してはいけません。

まずは、自分の現状などを客観視して、「本当に辞めるべきか」をじっくり考えてください。

1)衝動的になっていないかを考える

入社初日なのに「会社を辞めたい」と思っている場合、おそらく職場で嫌なことがあったのでしょう。

人は嫌なことがあるとすぐに逃れたいものです。そのため、入社初日で辞めたくなった場合、衝動的になっている可能性が高いと言えます。

そのような状態で気持ちに従うままに行動したら、後悔するかもしれません。

そして、衝動的に「会社を辞めたい」と思っている場合、実際に会社を辞めたら後悔する可能性が高いです。

次に出勤するまでまだまだ時間はあるはずです。まずは、リラックスをして心を落ち着かせましょう。

2)逃げ癖がつくことを懸念する

嫌なことからすぐ逃げると、逃げ癖がつきやすいですよね。

仕事が嫌だからといって、すぐに辞めてしまうと、逃げ癖がつきやすいものです。

たとえ仕事が嫌になって辞めたとしても、大きな問題にはならないかもしれません。

しかし、職歴に傷がついてしまうし、働くのが怖くなるかもしれません。一度逃げぐせが付くと、取り返しがつかないのです。

逃げ癖をつけないためにも、嫌になったからといって簡単に仕事を辞めるべきではありません。

3)友達の会社と自分の会社を比較する

おそらく、嫌なことがあったから、入社初日で辞めたくなったのでしょう。

しかし、その嫌なことは働いている以上、仕方のないことかもしれません。

特に、初めて就職した場合、仕事そのものが理解できていません。

そのため、「働いている以上は仕方のないこと」でも、「自分の会社特有の嫌なこと」だと捉えて、会社を辞めようとしがちです。

仕事をしている友達に電話をして、友達の会社と自分の会社を比較してみてください。

例えば「会社で嫌なことがあったのだけど、これって仕方のないことかな?」などと、聞いてみるのです。

もし、会社を辞めたいと思えた嫌なことが、「働いている以上は仕方のないこと」だとしたら、安易に辞めるのは良くないです。もう少し頑張ってみましょう。

4)今後の出費計画について考える

会社を辞めるということは、給料がなくなるということです。そのため、会社を辞める前には、今後の出費計画について考えてください。

特に旅行などで大金を使う予定がないかということは、必ず確認してください。

仮に旅行に行くのにも関わらず、会社を辞めて旅費が払えなかったら、キャンセルしなければいけません。

大金を使う機会が今後あるのなら、会社は辞めないほうがいいでしょう。借金を背負うことになるかもしれません。

また、新たに仕事を見つけようとしても、なかなか採用されないこともあります。

5)誰に迷惑が掛かるかを考える

あなたが入社初日で辞めた場合、誰に迷惑が掛かるでしょうか。

仮に、家族や学生時代の先輩など「バイトを辞めても関係が続く人」に迷惑が掛かるのなら、注意が必要です。

例えば入社初日で辞めて学校の先輩に迷惑が掛かったとします。この場合、今後その先輩と顔を合わせるたびに、気まずさを感じるでしょう。

また、家族からは「入社初日で辞めた根性のない奴だ」なんて思われて、居心地が悪くなるかもしれません。

このような事態を避けるためにも、入社初日で辞めたくなったら、誰に迷惑が掛かるかを考えるべきなのです。

6)辞めたい会社がブラック企業なのかを考える

ブラック企業であれば、初日であっても辞めるべきでしょう。ブラック企業で働いていると、心身ともに酷使します。

自分を守るためにも、ブラック企業だとわかった時は、すぐに辞めるべきです。

しかし、一般的な会社である場合、初日に辞めるのはよくありません。これまで説明した通り、逃げ癖がつきやすくなります。

一般的な会社で起きた嫌なことは、今後どんな仕事をしても、発生する可能性が高いです。

そのため、少しぐらい嫌なことがあっても我慢して続けるべきでしょう。

7)辞める時は早めに伝える

考えに考え抜いた結果、入社初日で辞めることを決断するかもしれません。

もしあんまたが早期退職を決断した場合、きちんと会社を辞める手続きをしてください。

仮に初日で会社を辞めるとしても、バックレは起こさないでください。みんなが迷惑を被ります。

まず会社の上司に連絡し、退職願を出しましょう。

もちろん、メールや電話ではなく、直接会って伝えるのがベストです。どうしても難しいのであれば、電話で伝えてください。

まとめ

入社初日で辞めたくなっても、思うままに辞めてはいけません。

やはり、入社初日で辞めたくなった場合、衝動的になっている可能性が高いです。

感情が高ぶっている時は的確な判断を下せないからこそ、思うままに会社を辞めてはいけないのです。

まずは当記事で紹介したことを確認して、「本当に辞めるべきか」を熟考してくださいね。

退職カテゴリの最新記事