どうすればいい?採用担当を任された時の求人戦略とは

どうすればいい?採用担当を任された時の求人戦略とは

採用担当の仕事を受け持つことになった人は、まず求人情報を作成して、どのように求人を出すのか決めなければいけません。

求人するといっても、はじめて人事担当を任されたのであれば、何をどのようにすれば良いのか分からないことも多いものです。

そこで今回は、希望する人材を集める方法について紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトは、自分に合った就職先や、転職先を探したいという人がよく利用します。

求人サイトに登録をすると、求人情報を探す時に役立つ様々な情報を効率的に得ることができるようになります。

インターネットを利用して登録をすることが可能であることから、いつでもどこからでも登録ができ、自分の都合のいい時に仕事の情報を見ることができます。

そのため、より良い人材を確保したい時は求人サイトに求人広告を出して募集しましょう。

具体的な求人情報を作る

どんな能力を持つ人材を必要としているか、具体的な募集をかけたほうが、期待どおりの人材が来るでしょう。

具体的な情報があればあるほど、応募者は仕事に対してイメージしやすくなり、応募へとつながります。

仕事を進める先に、求めている資格を持っていないような人ばかり集まってきても、応募者の中に期待する人材がいないこともあります。

求人の内容が曖昧だと、応募する側と、企業側とで、必要とする能力のミスマッチが起きることがあります。

人手不足で人材を集めたいと思っている会社でも、この業界についてよく知っている人材を採用したいと考えていたりします。

会社が求める人材に合致する人が、なかなか応募者の中に現れないということも、珍しくありません。

応募者がイメージしやすいように、仕事内容を始め、給料や待遇などできるだけわかりやすく紹介することが大切です。

数字やモデルケースを使い、具体的に「この会社で働けばこうなる」という見通しが立てられれば、応募しやすくなるでしょう。

求人情報を出す際の注意点

会社が求人を出す時に気をつけなければいけないことは何でしょうか。

大抵、求人情報を作成する時には会社の意思に基づいて書きますが、それだけではミスマッチが起きます。

優秀な人材を求めて求人を出している企業サイドと、仕事を求めて求人を見ている応募者サイドは事情が違います。

事業拡大や、新規部署の設立など、会社が人材を求める時には、その背景によい理由があるケースが多いものです。

売り上げが伸びているので、生産量を増やすために人材を求めていたり、今後の目的をクリアするための戦力を求めているなどです。

しかし、求人をチェックしている人の中には、物事をネガティブな視点で見ている人もいます。

新たに人材を募集するのには、後ろめたい理由があり、求人にはあえて明記していないことがあるのではないか?と疑います。

業績が上がっているから人を増やしたいという会社は、求職者に変に勘ぐられないように注意してください。

無闇に待遇のいい求人があると、素直に喜ぶよりは、どんな裏事情があってこういった求人を出すのか怪しむ人がいます。

ネガティブな疑念を抱かせずに求人を見てもらうには、人材募集の際に懸念点がないようにしておくことが大切です。

まとめ

会社の採用担当となって人材募集をする時は、自分自身が求人票をチェックしていた時に、どういうことを考えていたかを思い出してみるといいかもしれません。

求人票をつくる時には、自分の経験を思い出してみることが、鍵を握っています。

働き初めてから何年も経過していて、当時のことはぼんやりとしか覚えていないとなると、求人で書くべき内容も曖昧です。

自分が求人票を見る側だった当時の気持ちを忘れてしまったという人は、せめて最低限の事柄ぐらいは頭に入れておくといいでしょう。

処世術カテゴリの最新記事