辞めた方がいい?仕事が向いていないと思った時の退職判断

辞めた方がいい?仕事が向いていないと思った時の退職判断

職場で上手くやれないし、みんなのペースについていけない…自分にはこの仕事向いてないのかも?そう思うことはないでしょうか?

「まだ仕事に慣れていないだけかもしれない」とは思うものの、いつまで経っても上手く行かないと焦ります。

だからといって、すぐに辞めると会社に迷惑をかけてしまうし、辞めてもすぐに次の仕事が決まるかわからない。

続けるのはしんどいけれど、辞めるべきなのか判断がつかないという方もいるでしょう。

そこで「仕事が向いてない!」と思った時に、辞めるか続けるか判断するポイントをお伝えします。

強いストレスを感じて心身に影響が出ていないか?

まだ仕事を始めて間もないのなら、緊張もするし体力の消耗が激しくても不思議ではありません。

ですが、しばらく経ってもストレスが大きいのなら、あなたには向いていない仕事かもしれません。

どんな仕事でも多少のストレスは感じるものですが、仕事に行くのが気が重い、休みの日でも仕事のことを考えて憂鬱になる、仕事に行くと胃が痛くなったり吐き気がしたりするというような状態なら、ストレスが大きすぎるのかもしれません。

これくらい我慢しなくてはと耐えていると、ある日突然限界を迎えてしまうこともあります。

仕事に行けない状態になってしまって突然辞めることになると、職場に迷惑をかけてしまうのはもちろん、自分自身にとってもそこまで追い込まれてしまったら、体と心が回復するのに時間がかかります。

自分の心身の状態には気を配り、あまりにも辛いようなら、限界を迎える前に休むなり辞めるなりの判断を下すようにしましょう。

慣れれば解決できそうなことか?

仕事を始めたばかりなら「自分にはこの仕事は向いてないのかも」と思っても、単にまだ仕事に慣れていないだけという可能性もあります。

例えば営業の仕事だと、最初は覚えていないからお客さんに質問されるのが怖いと感じることもあるでしょう。

しかし、続けていくうちに覚えてしまえばスラスラ説明できるようになりますし、いつしか売り上げも上がっていくものです。

人見知りで営業が初めてだから辛いと感じていても、もしあなたが人見知りを克服したくて営業の仕事を選んだのなら、もうしばらく頑張ってみても良いでしょう。

一方、もう働き始めて数カ月経っているけれど、どうしても苦手な作業がある、何度も同じミスをしてしまう、繰り返し注意を受けるというのであれば、続けていくのは難しいかもしれません。

慣れや努力で解決できなさそうな問題がある場合は、仕事が向いていない可能性が高いです。

人には向き・不向きがあるので、より自分に合った仕事を探してみるのもアリです。

続けると自分にメリットがあるか?

仕事を続けるか辞めるか迷った時、どちらにどんなメリットがあるのかも判断するポイントになります。

仕事を続けるメリットとしては、スキルが身につく、部下ができる、給料が上がるなどが挙げられます。

仕事自体は向いていない気がするけれど人間関係は良い場合もメリットに数えられるでしょう。

辞める場合は、より自分に合った仕事を見つけられる可能性があること、ストレスがなくなることなどがメリットです。

一方、辞めた場合のデメリットも考えておく必要があります。すぐに次の仕事が見つからないし、今よりも給料が下がるなどです。

何を重視するかはあなた次第ですが、今の仕事を続けることで得られるメリットの方が大きいのなら、もうしばらく続けてみるという選択をするのも良いでしょう。

まとめ

仕事が向いていないと感じながら続けるのは辛いものです。

しかし、その場の勢いで「辞めます」と言ってしまったら、冷静になってから後悔するかもしれません。

今は辛くても、時間が経てば慣れて平気になることもあります。

ただ、仕事には向き・不向きがあり、努力してもカバーできない部分もあるので、心身に悪影響が出るまで我慢するのも良くありません。

落ち込んでいる時、感情的になっている時には難しいかもしれませんが、今回お伝えした基準を参考に落ち着いて判断するようにしてみましょう。

退職カテゴリの最新記事