前の会社に復帰したい!一度辞めた会社に戻る方法

前の会社に復帰したい!一度辞めた会社に戻る方法

以前働いていた会社を辞めてしまったけど、落ち着いた頃に「復帰したいな」と思うことはありませんか?

一回辞めた身だと、また雇ってもらうのは周りから「うざい、迷惑」と思われないか心配になる人もいると思います。

そんな方のためにどうしたらスムーズに復帰できるのかをご紹介します。

会社を辞めた時の理由や状況は?

会社を辞めた理由が体調不良や家庭の事情のためで、トラブルもなく円満退職した人は特に問題なく復帰できるでしょう。

「元気になったらまたここで働きたいです」などと言って辞めた人は、なおさら出戻ってくれることを期待されているはずです。

転職を理由に会社を辞めた人でも、きちんと手続きをとって辞めたのであれば、非難されることはありません。

一方、会社を無断で休んで辞めてしまったり、何かトラブルがあって辞めた人は復帰が難しいかもしれません。

ですが、そこは本人のやる気や反省次第です。覚悟を決めて謝りに行けば許してもらえる可能性もあります。

気になる周りの反応

辞めた会社に戻る時に、一番気になるのは周りの反応ではないでしょうか。

出戻ることを非難されたり、よく思われないと辛いですよね。

そこで、周りのどんな反応に注意すればよいか見ていきましょう。

辞める前に復帰を伝えていなかった場合

辞める時から「また復帰したいな」と思っていても、そのことを伝えていなかったり、一部の上司や仲間にしか伝えていなかったという状況もあると思います。

そうすると気になるのが周りの反応でしょう。

あなたが出戻ってきたというのは仲間内でもニュースになりますし、少し恥ずかしいかもしれません。

しかし、円満退職したのであれば、なんだかんだで多くの人が歓迎してくれます。

職場に新しいメンバーが加わって様子が違うことや、以前の勘を取り戻すのに時間がかかることはあるでしょうが、特に問題のなかった会社なら温かく迎えてくれます。

もし、退社した時の理由を周りのスタッフに言いづいのであれば、「色々ありまして、またお世話になります」と言っておけば大丈夫です。

責任者の気持ち

社長や人材を採用する側は、出戻りをする人にも、突然辞めてしまう人にも多少なりとも慣れています。

あまり人の入れ替わりがない職場だと周囲の反応が気になってしまうでしょうが、転職や出産、体調不良などによる退社とその後の復帰は世間的によくあることです。

人手不足が続いている職場であれば、経験者の出戻りはとても嬉しいし、喜ばれるでしょう。

経験者は採用で有利になる

一度辞めてしまったとはいえ、経験者ですので即戦力になります。

その仕事が全く初めての人とは遙かにレベルが上のはずです。採用する側からすれば、経験者の出戻りは願ったりかなったりです。

新しい従業員を雇うとなると求人を出すのに意外とお金がかかります。

採用しても面接や教育などにも時間が取られ、大きなコストがかかります。

そういうことも考えて、円満退職した人がまた復帰してくれるのはありがたいことなのです。

復帰したいことは自分から直接伝える

復帰したいということは、会社に電話を掛けるか、求人が出ていれば申し込みをします。

以前働いていた時の友人がいるかもしれませんが、採用する側からすれば直接あなたの言葉を聞かなければ信用しづらいです。

一応正当な手続きを取ることで、復帰に向けてきちんと対応してもらえます。

勇気がいるかもしれませんが、自分から直接伝えるようにしましょう。

どこかのタイミングで「またこちらで働かせてほしいと思って復帰を希望しました」と言えば、この会社を気に入ってくれていたんだというのが伝わって喜んでもらえます。

経営者にとって自分の会社が望まれていることはとても嬉しいことだからです。

まとめ

一度辞めた会社に戻る方法についてお話しました。

特に問題なく円満退社していたのなら、出戻りはできる可能性が高いです。他の従業員や上司・社長も喜んで迎えてくれます。

色々不安要素はあるかもしれませんが、辞めてみてはじめて前の会社の良さに気づくこともあります。

以前勤務していた会社なら自分も働きやすいですし、経験者は優遇されます。勇気を持って復帰したいことを伝えましょう。

処世術カテゴリの最新記事