仕事をするのが怖い!メンタルを改善する5つの考え方

仕事をするのが怖い!メンタルを改善する5つの考え方

せっかく就職が決まって働き出したのに、「仕事をするのが怖い!」と臆病になっていませんか?

会社に行く前からあれこれ想像してしまい、不安で仕方ない人も多いでしょう。

しかし、その怖さは払拭できます。今回は「仕事をするのが怖い」と思っているあなたに、怖さを払拭するための考え方をお伝えしたいと思います。

1)経験不足だから怖い

誰もが最初から働くわけではありません。失敗して上司に腹を立てたり、顧客への反応がよくないために警告を受けたりすることがあります。

仕事だけでなく、怖いと感じるのは、経験したことがないからです。私は経験が浅いので、必要以上に怖くて怖いです。

しかし、一度経験すると、恐怖は減少します。思ったほど怖くなく、2回目以降はスムーズに行動できるようになります。

たとえば初めて来店したお店のことを思い出してみてください。

レストランでは、嫌な食べ物を出されたくないとか、ボッタクられたくないとか心配だったと思います。

しかし、実際に行ったときはそうではなく、ほとんどの場合、想像していたサービスで終わります。

見知らぬお店に行っても「もう外食しない!」と思うことはなく、その時の体験を友達に聞いてもらえると思います。

仕事も同じです。恐れを感じるのは初めてですが、一度経験すると消えていきます。

勇気を出して最初に飛び込むことで、2回目以降は楽になります。

間違えたとしても、その経験を生かしてやり直すだけです。あなたは仕事をやめる必要はありません。

経験が浅くて怖いので、挑戦してみませんか?意外と、大したことではなかったという話かもしれません。

2)学びに行くと考える

「働く・仕事に行く」と思うと、重く感じます。これは、働くというネガティブなイメージがあるためです=苦痛、困難、そして苦痛。

しかし、仕事から得られるのはお金だけではありません。特定の業界で働き、経験を積むことによる学習などの学習効果もあります。

お客さまとして行っていたお店(業界)の裏側や、購入した商品の作り方を知ることができます。

または、同僚との関係を深め、顧客とのコミュニケーション方法を学ぶこともできます。対人関係に問題があったとしても、扱いやすくなります。

仕事はRPG(ロール・プレイング・ゲーム)と同じです。怖さを払拭して仕事に立ち向かい、日々経験を積んで行くことで成長し、レベルアップすることができるのです。

「会社で学びながらお金がもらえる」。そう考えて仕事をしてみてはいかがでしょうか。

3)準備をしっかりする

野球のピッチャーは、試合前に対戦相手を分析し、得意ではないコースを研究し、三振の配給を考えて勝つ準備をする必要があります。

そして、自分の研究成果を生み出すために、体力をつけて体力をつけるように頑張っています。事前に準備して試合の準備をします。

野球選手だけでなく、あらゆる職業の人が事前に準備と準備をしています。美容師の方は、お客さんが来ても対応できるように、髪型やファッションをチェックしてください。

同じことが職場でも当てはまります。事前に準備して準備することで、働くことへの恐れを払拭することができます。

そのための重要なことは「他人を知る」ことです。

例えば飲食店をはじめ、ホテルや家電量販店などにいって、他の人がどのようにして働いているのか確認しましょう。

店員の働く様子や注文時の態度などを見ることで、おおよそそのお店の空気感を感じ取ることができます。

自分と同じような年代の店員さんを見かけたり、対応がぎこちないながらも頑張って働いている様子を見ると、あなたもやる気がでてくるのではないでしょうか。

たとえお客として関わるだけでも、社会人としての空気感を知ることは大切です。気になるお店を見つけた時は、まずお客さんとして体験してみましょう。

4)他の人も怖いと思っている

「働くのが怖い」と思っているのはあなただけではありません。同僚、先輩、上司は同じ恐れを持って働きます。

「失敗したら…」「お客さんは怒る?」など、アルバイト前と同じ恐怖感で仕事をしています。

しかし、私がまだ働いている理由は、私には目標と目的があるからです。欲しいものがあり、生計を立てるために働いています。

あなたの内なる心はあなたと同じようにあなたの仕事や人間関係を恐れていますが、それを恐れない代わりに、あなたはあなたの恐れを払拭するために一生懸命働いています。

たとえば、仕事に行くときや仕事を辞めるときの挨拶。顔を合わせて挨拶することで、親しみを感じ、相手の努力を目指すことができます。

職場で質問がある場合は上司に相談し、顧客に製品を渡すときは何度もチェックして間違いがないことを確認してください。

上司は、従業員が失敗して顧客に腹を立てたり、顧客を失ったりするリスクがあるため、慎重な指導と相談を行います。

一方で、恐れがあるため、失敗しないように厳しく指導したり、声を大きくしたりすることもあります。見栄えがしたいからではなく、怖いから。

誰もが恐れを持って働きます。ただ、怖いだけでなく、乗り越えたときの達成感や幸せ感もあり、日々頑張っています。

他の人は同じ人です。 「みんな怖くて、働くのが怖いけど、頑張っている」と思ったら、自分も働ける気がします。

5)会社はいつでも辞められる

従業員に過労を強いたり、給料を払わなかったりするなど、法律に違反する「ブラック企業」と呼ばれる悪意のある企業があります。

多くの人々は、ブラック企業に関する報道やニュースのために働くことを恐れているかもしれません。

残念ながら、ブラック企業はいたるところにあります。あなたは正社員ですが、必要以上の仕事と責任を負わなければならないので苦労するかもしれません。

しかし、会社は辞められます。雇用契約を結んでいても、法律に違反する労働環境に追い込まれた場合、それは法律に違反します。

ブラック企業を辞めるのは難しいことではありません。心配かもしれませんが、労働基準検査室や弁護士に相談することができます。

あなたが一生懸命働いて、あなたが過労であるか、条件が満たされていないのを感じるならば、無理して続けずに辞めましょう。

もちろん、ブラック企業ではない普通の企業でも辞めることができます。辞める理由は関係ありません。

あなたが悪い感情を持っているかどうか、またはあなたが悪い上司を持っているかどうかで決まります。

仕事なので責任感は必要です。しかし、あなたがフルタイムの従業員であろうとパートタイムの仕事であろうと、あなたは一生その仕事をする必要はありません。

「気に入らないのでやめます」と言えばいいのです。労働は自由であり、誰もがそうする権利があります。

自分に合わない場合はいつでも辞めることができると判断した場合は、仕事を始めるのが簡単になるでしょう。

ただし、ある日突然消えないようにしてください(いわゆるバックレ)。それは人間性の問題になり、あなたの人格に影響を与えます。

辞めたくなった時は、せめて1ヶ月前には退職意思を伝えるようにしましょう。

まとめ

最初は、誰もが仕事を恐れています。しかし、恐れに立ち向かい、うまく払拭することで、あなたは幸せを感じ、自分自身を成長させるでしょう。

記事で説明したように、誰もが仕事を恐れています。仕事をしていると怖くなるかもしれません。

完全に拭き取れない場合があります。しかし、考え方を少し変えることで、現在の恐怖を和らげることができます。

なにはともあれ「やってみる」のが大切です。頭で想像しているだけでは、怖い気持ちは払拭できません。むしろ、膨らむばかりでしょう。

恐怖や不安は体験しなければ消えることはありません。勇気を出して飛び込んでみてはいかがでしょうか?

案外、あっさりとこなせるようになるかもしれませんよ。

メンタルヘルスカテゴリの最新記事