効率UP!仕事が遅いと怒られた時の改善策

効率UP!仕事が遅いと怒られた時の改善策

会社は迅速な仕事を必要とします。ただし、入ってきたばかりの場合はうまく行けず、「仕事が遅い」と腹を立てる場合があります。

早くできないと欲求不満になり、周りの空気が悪くなります。将来、ちゃんとできるか心配です。

もう少し早くできるようになりたいし、みんなに迷惑をかけたくないと思っています。

実際、遅くまで働く人々でさえ、いくつかの変更を加えるだけで、現在よりも速くそれを行うことができます。

不器用な人でも、物事をスピードアップするためのテクニックを学ぶことで、時間を節約し、スピードを上げることができます。

遅くまで働くときにいつも怒ってストレスを感じている場合は、時間を節約するテクニックを学び、改善してください。

仕事が遅い理由

あなたの仕事が遅いと言われる最大の理由は、あなたがそれに慣れていないからです。

不器用または貧弱な記憶は些細な理由にすぎません。どんなに弱くても、早く慣れます。

たとえば、初めて行った場所を思い出してください。ショッピングモール、スポーツ会場、親戚の家などがあります。

初めてどこに行けばいいのかわからないので、道に迷ったり、家がどこにあるのかわからなくなったりするかもしれません。多くの人が会議の時間に遅れた可能性があります。

しかし、何度も経験することで、調べなくても行けるようになります。知らないうちに自然に目的地にたどり着くことができます。

仕事は同じです。何度も体験することで、仕事に慣れ、より早くできるようになります。

仕事に慣れていない人は、最初からすぐに仕事ができないのは当然です。まず第一に、スピードを上げるのではなく、仕事に慣れることに注意しましょう。

仕事が早くなるテクニック

仕事をより早く終わらせるには技術が必要です。

初心者の頃はスピードアップのテクニックがなかったので、必要以上に時間がかかり、うまくいきませんでした。

それでは、作業をスピードアップするために知っておくべきことを見てみましょう。

作業リストを作る

やるべきことがたくさんあり、思い出せない場合は、作業内容を記載した「作業リスト」を作成してください。

どの作業を優先すべきかを書き留めておくことで、忘れたり迷ったりすることはありません。

最優先はクライアントの仕事で、手が空いている時はドキュメントの整理や販売資料の作成をしてください。

作業リストを作成し、その日に何をするかを優先することで、1つのタスクに集中できます。

作業速度が上がり、より速くできるようになります。

すぐ動く

上司に仕事を指示されても後回しにしていませんか? 「後でやるべきだ」と思うと、ますます仕事が増えてきます。

指示を受けたら、すぐに行動を起こし、仕事をすばやく終わらせましょう。

基本的に、直接の指示を受けるということは、「今すぐやる」という意味です。

しかし、現在取り組んでいる作業が途中であっても、指示されたことを先延ばしにすると怒ります。

やるべき仕事がある場合は、指示されたときにどちらを先に進めるかを尋ねます。そうすれば、ためらうことなく行動できるようになります。

メモする

仕事を思い出せない場合は、必ずメモを取ってください。口頭で言ったことを思い出すだけで忘れがちです。

メモを書くと覚えやすくなり、忘れても振り返ることができます。

メモに書いて証拠として使うこともできます。上司があなたがXXをしていないと疑ったとしても、メモを見せることでそれを証明することができます。

メモがあれば、その日に何をしたかを確認できるので、後で覚えておくと便利です。

習慣にする

仕事中のルーティーン(習慣)を決めておきましょう。その日の行動を習慣づけしておくことで、仕事への意識が変わります。

いつも同じことをすることで、仕事で心配したり考えたりすることなくそれを行うことができます。

例えば以下のような行動が考えられます。

1:30分前に出勤する
2:机の上を片付ける
3:Webニュースを見る
4:メールを確認する
5:得意先に電話をかける

と言った感じで、仕事での行動を習慣化しておくのです。

どんなに不器用になっても、習慣になればもっと速くなります。毎日の仕事の習慣に入ることができるか調べてください。

他人の真似をする

仕事をより早く終わらせるためには、より速く働く人を模倣することも効果的です。

速く働く人々は仕事をより速く終わらせるためのコツを持っているからです。

文書をすばやく書くためにどのようなテーマを使用すべきかを知っています。

速く働く人々の行動を観察し、彼らが模倣できるものがあるかどうかを調べようとします。

経験と感覚のために、すべてを模倣するのは難しいかもしれません。

しかし、少なくとも現在よりも高速になるはずです。

すべてを完璧にするのは難しいので、できることを真似てみてください。

同僚を頼る

仕事が遅いと言われたくないという理由だけで、物事をより早く終わらせようとしていますか?

重い荷物を一人で運ぶことや、大量の書類を入力することはできません。

チームワークは仕事で重要です。一人でやるのを強要しないでください。難しいときは同僚に頼ってください。

一人でやっても、同僚とやればスピードアップします。同じ仕事を一緒に行うことで、一体感が生まれます。

自分でできない場合は、同僚と協力して頑張りましょう。

マルチタスクをやめる

作業が遅い理由の1つは、同時に複数のことを行う「マルチタスク」です。

同時に複数のことを行おうとすると、非効率になります。

上司、先輩、またはクライアントが多くのことを言ったとしても、最初に目の前の仕事に集中してください。

今何をすべきか、後で何をすべきかを選択し、それを真剣に受け止めることにより、現在よりも速くそれを行うことができるようになります。

普段から十分な睡眠を取る

遅い仕事はまた睡眠不足によるものです。

睡眠不足で眠くなっている場合は、何をしても最初の行動が遅れます。すばやく移動できないため、作業が遅くなります。

仕事で眠くなるのを避けるために、前夜に息を切らさないようにして、ぐっすり眠ってください。

早朝に日光浴をすると、睡眠の質が向上します。

よく眠れ、心身ともに元気になると、仕事の効率が上がります。

すぐに早くしようとしない

より速く仕事をするために最も重要なことの1つがあります。つまり、「すぐにできるとは思わない」ということです。

「作業をスピードアップする手法」で紹介した方法は誰でも簡単にできますが、すぐには効果がない場合があります。

人によっては、適切な場合と適切でない場合があり、予想よりも速くなかった場合もあります。

毎回遅くまで働くときに怒りたくないし、自分がどれだけ焦っているか知っています。ただし、せっかちに行動しても、アイドル状態で回転します。

「うまくいかなかった」と諦めないように、できることから少しずつ始めましょう。

ゲームのように少しずつタスクをクリアして経験値を稼ぐと、間違いなくレベルアップします。

まとめ

どんな仕事でも、するだけでは速くなりません。

「どうすれば作業効率を上げることができるのか、時間を短縮できるのか」を考えてみましょう。そして、すぐに行動します。

自分の仕事を思い出せない場合は、仕事リストを作成し、メモを取り、記録を残してください。

教えられたことを忘れないように準備して復習することも重要です。

自分で解決できない場合は、同僚に頼るか、先輩のやり方を真似てください。新しい発見があるかもしれません。

仕事の習慣を身につけて慣れることができるものを見つければ、作業時間が短縮されます。

少しずつ時間を改善すれば、仕事が遅いとは言われなくなります。

スキルアップカテゴリの最新記事